節約

【節約】子育て世帯はAmazonプライムが「実質年会費無料」で利用できるって本当?

投稿日:

子供が産まれてからネット通販の利用頻度が高まり、アマゾンプライム会員にも入会しました。

「えぇ〜、プライム会員って年間4,900円払うんでしょ。払わなくてもAmazonで買物できるのに年会費払うなんてもったいない」という人がいるかもしれません。

しかし、子育て世帯ならほぼ確実に年会費分は元が取れると断言します。

さらに1年間で2万円以上節約できて、時間も16時間も節約できます!

金額や時間の根拠は後述しますが、まずは、子育て世帯にAmazonプライム会員をおすすめする利用を説明していきます。

スポンサーリンク

【おすすめ理由.1】おむつが毎回15%オフで買える

我が家やアマゾンプライム会員である一番の理由は「おむつが毎回15%オフで買える」から。

こちらは「パンパース ビッグサイズおむつ 156枚」ですが、通常だと4715円なのに、プライム会員になって「定期お得便」を指定すると15%オフの4,008円で購入できます。

Amazonは税込みで1枚あたりの単価も表示してくれるので、価格比較がしやすいです。

 

マンション住まいだと、車から部屋に運ぶのも大変だしおむつって結構かさばるので、届けてもらえるのは本当に助かります。

もちろん送料無料。

 

初回限定でさらに「10%オフ」クーポンがもらえたりするので、さらに安くなります。

 

「でも、15%オフって言っても、そもそも通常料金が高いんでしょ」という声が聞こえてきそうですが、以前調べてみたときは通常のおむつの価格で、すでに近所の大手ドラッグストアや楽天、ロハコなどの大手通販サイトと同じか、それよりも安いくらいでした。

15%オフの料金ははっきり言って他が太刀打ちできないくらい安いです。

 

おむつのほかに「おしり拭き」などの子育てで使う消耗品も安く買えます。

 

【おすすめ理由.2】プライム・ビデオに子供が好きな番組が揃っている

「プライム・ビデオ」は2015年にプライム会員向けに始まったサービスです。

開始以前からプライム会員だったのですが、いきなりたくさんの「映画」「ドラマ」「ドキュメンタリー」「アニメ」が見放題になって「追加料金無しでいいの?」と困惑するレベルの良サービスでした。

定期的に見放題になる番組は入れ替わりますが、話題の人気作や、まだレンタルビデオで新作扱いのものまで無料で見れたりします。

 

うちの子供がハマっているのはアニメの「ドラゴンボール」「ポケットモンスター」です。

最初に見るときに冒頭10秒くらいでCMが入るだけで、あとはCM無しでぶっ通しで見ることができます。

YouTubeだとCMが入るし、動画が終わったら関連動画が自動再生されますが、プライム・ビデオならCM無しでどんどん続きが始まるので便利です。

夫婦でゆっくり話がしたいときは「ドラゴンボールZ」を子供が飽きるまでつけっぱなしにしています。

 

番組は入れ替わるので、今後残るかわからないですが、現時点で子供におすすめの番組は、

  • 【アニメ】ドラゴンボール
  • 【アニメ】ポケットモンスター
  • 【特撮】仮面ライダー
  • 【知育】おかあさんといっしょ
  • 【知育】しまじろう
  • 【知育】ナショナルジオグラフィックの動物、恐竜、昆虫のドキュメンタリー

我が家は男の子2人なので、男の子用の番組ばかりですいません。女の子向けもたくさんあると思います。

アニメはものすごく豊富なので、親子で楽しめる番組も多いです。

 

子供番組ではないですが、個人的に良かったのは「千鳥の相席食堂」。

ゲストが地方を旅して現地の食堂で、地元の人と交流するバラエティですが、ゲストがポンコツすぎて千鳥のツッコミが止まらない!

「長州力の旅」はアメトーークでも紹介されたほど面白いので、ぜひ見てもらいたいです!

 

【おすすめ理由.3】服を買う前に家で試着できる

「服を買う前に家で試着できる」ってちょっと何言っているかわかんないかもしれないですが、本当です。

プライム会員は「プライムワードローブ」というサービスが使えます。

プライムワードローブの使い方はこんな感じ。

  1. Amazonから「PrimeWardrobe」のロゴが付いた商品を2点以上、最大6点まで選んで発送手続き。
  2. 商品が到着したら家で試着。
  3. 配達完了の翌日から最長7日間商品を試せる。
  4. 要らないものだけ着払いでAmazonへ返送
  5. 手元に残ったものは自動的に購入になる

という感じ。

実際に利用しましたが、便利過ぎて最高です!

 

子育て世帯は、どこに行くにも子供が付いてくるので、ゆっくり買物もできないですよね。特に服はじっくり選びたいけど、選べない。

子供が寝静まったら後にじっくり家で試着して試せるのがうれしい。

 

プライムワードローブで良かった点はこちら。

  • 子供の靴を家でゆっくり試し履きできる
  • 家で自分の持っている服と比べてコーディネートの検討ができる
  • 靴や服を買いにいく時間がない奥さんや旦那さんにプレゼントができる

という点。

 

休日に子供の靴を買いに靴屋に行ったら、ものすごく混雑していて子供が疲れてグズってしまい、親もイライラして、それ以降はAmazonで子供の靴を買うことにしました。

 

家で試着できるので、自分の持っている服とのコーディネートの検討がじっくりできて「欲しくて買ったけど、合わせる服が無い!」という失敗がなくなります。

 

子育てをしていると服や靴に無頓着になりがちですが、そんなパートナーにサプライズで服や靴をプレゼントしてあげるのもおすすめ。

気に入りそうな靴や服をいくつか選んで注文して、気に入らなかったら返品できるので無駄になりません。

関連記事
子供の靴を買うならアマゾンの『プライムワードローブ』が便利 家で試着できます

続きを見る

 

【理由.4】2,000円以下でも送料無料

通常は2,000円以上買わないと350円の送料がかかってしまいますが、プライム会員ならAmazonからの発送はすべて無料。

「電池がなくなったからすぐ欲しい」

「ガムテープが切れたから明日欲しい」

という場合にも、すぐに無料で届くので、わざわざ電器屋やホームセンターに行くこともなくなり、時間の節約になりました。

 

その他のおすすめ特典

ここまでは特におすすめしたい内容をお伝えしましたが、プライム会員の特典はまだまだあります。

ぼくがよく使っているのは下の3つ

  • プライムリーディング

電子書籍「Kindle」の中から、Amazonが選んだ本、漫画、雑誌などが読み放題になるサービス。本、雑誌が結構充実していますが、漫画は微妙です。

定期的に読み放題指定のタイトルが入れ替わり、たまに話題作も出てくるので、ついつい定期的にチェックしてしまいます。

プライムリーディングが使えるようになってから雑誌を買わなくなりました。

 

  • プライムミュージック

100万曲以上の音楽が聴き放題になるサービスです。

「晴れた朝に聞きたいポップス」『仕事中に聞きたい静かなジャズ」など、Amazonが作ったプレイリストがなかなか良いです。

テレビを付けてしまうと子供が釘付けになってしまうので、たまに音楽を流してリラックスするときに使っています。家事をするとき用のプレイリストはやる気になるのでおすすめ!

 

  • 会員限定先行タイムセール

Amazonは常にタイムセールをしていますが、プライム会員だけ通常よりも30分早くライムセールに参加可能になります。

人気商品が購入しやすくなり、ちょっと優越感に浸れます。

 

プライム会員の年会費は子育て世帯なら「実質無料」!

ここから冒頭で説明した年会費が実質無料になるという理由を説明していきます。

ここまでに紹介したプライム会員の特典を利用していくと我が家が1年間で節約できる金額は以下の通り。

  • 【雑誌】 10冊 8,000円
  • 【漫画】 10冊 5,000円
  • 【音楽】 1,000円
  • 【ビデオ】 3本 36本 3,600円
  • 【おむつ】 8,400円合計 26,000円

雑誌と漫画は「プライムリーディング」を利用することで減った購入金額。

音楽とビデオは「プライム・ミュージック」「プライム・ビデオ」を利用することで行かなくなったレンタルビデオの利用料金です。

おむつは定期便で毎月15%オフになり、700円節約できるとして年間で8,400円節約できるという結果です。

 

すべて合計すると26,000円になるので、プライム会員の年会費4,900円を引いても21,100円が節約できることになります。

おむつ代だけでも、すでに年会費の元が取れるからプライム会員はファミリー層が多いんです。

 

さらに時間も節約できる

お金の他に買物に行く時間も節約できます。

  • 【おむつ購入】 1回30分 6回 180分
  • 【レンタル返却】 1回30分 6回 180分
  • 【靴の買物】 1回120分 2回 240分
  • 【ちょっとした買物】 1回60分 6回 360分

 合計960分 16時間

「おむつだけ買いに行くわけじゃない。だいたい他の買物のついでに買う」という声が聞こえてきそうなので、かなり少なめで計算しました。

すべて合計すると1年で16時間の節約になります。

忙しい子育ての中で16時間も節約できるってうれしくないですか?

 

日本では600万人以上がプライム会員

Amazonは日本のプライム会員の正確な人数は好評していません。

一般の会員が約4,000万人、日本のプライム会員の人数はおよそ400万〜600万人くらいと言われています。

400万人×4,900円 なので、毎年約200億円がプライム会員の会費収入になります。

「Amazonすげぇ儲かってる!」と思ったのですが、Amazonの海外事業は基本的に赤字のようです。収支を好評していないので日本国内限定だとわかりませんが。

しかし、アメリカやイギリスなどのプライム会員は日本円に換算した年会費は1万円以上なので、日本はかなりお得に入会できます。

一度3,900円から4,900円に値上がりしましたが、まだまだお得なのは間違いないです。

 

周りに話を聞くと、地方よりも都会に住んでいる人の方が利用者が多そう。

ぼくも東京の姉に教えてもらって入会しました。

 

1ヶ月はお試し期間で無料!

プライム会員は最初の一ヶ月はお試し期間なので無料です。

1ヶ月以内にいろいろ試してみて「やっぱり必要ないかな?」と思ったら簡単に解約できます。

休日や連休前ならお試し期間の間だけ「プライム・ビデオ」で好きな番組を見まくって解約すれば無料でお得に楽しめますよ!

「ちょっと興味あるな〜」と思っているなら、悩んでいる時間があれば映画が一本観れるので、まずはお試しで入会しましょう!

プライム会員お試し詳細

-節約
-

Copyright© ネオバックパッカーのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.