おもちゃ

子供が星座を好きになる家庭用プラネタリウム「ホームスタークラシック」の感想とレビュー

更新日:

IMG 1618

子供の知育のために以前から気になっていた家庭用プラネタリウム「ホームスタークラシック」。

購入してから1年間使っていますが、想像以上の子供が星座を覚えてくれて、買って良かったです。

スポンサーリンク

ホームスターとは?

ホームスターはセガトイズが販売する家庭用のプラネタリウムです。

多分、家庭用のプラネタリウムでは一番メジャーな商品なのではないでしょうか。

ホームスターにはいろいろな種類がありますが、今回購入したものは、ホームスターの中でも一般的な「ホームスタークラシック」。

ホームスターシリーズは、プラネタリウムクリエイターとして、様々なプラネタリウムの開発をしている「大平貴之」さんと共同開発している商品です。

肉眼で見える星の数を超えた業務用波の約6万個の星を映し出すことができます。

手軽に「本格的」な星空を投影できるのが特徴です。

「ホームスタークラシック」は投映する「原盤」を替えることで、太陽系や彗星、星雲など映し出す内容を変更できます。

ホームスタークラシックは定価11,880円で、実売価格も8,500円ほどと意外と高価です。

しかし、子供の知育のためなら安くて星の位置が正確かどうかわからないものよりも、より本物に近い方が良いと思って、こちらを選びました。

付属ソフトは2枚

開ける前の箱から宇宙感が漂ってきています!

IMG 1619

箱を開けると、中には緩急材とともにホームスターが入っていました。

IMG 1620 1

箱の中に入っていたのはこれだけです。

IMG 1621 1

・本体
・電源アダプター
・説明書
・原板ソフト×2

本体は宇宙ぽいメタリックな色合いで好きなのですが、プラスチックの安っぽい質感が嫌いです。

IMG 1622 1

この値段ならもう少し高級感のある質感にしてくれてもいいんじゃないでしょうか。

昔のCDの様なサイズの「恒星原板ソフト」が2枚入っていました。

IMG 1623

どちらも内容は「日本の星空」で、一つは星座のライン入りで、もう一つはライン無し。

最初にライン入りで星座の位置を覚えてから、実際の星空と同じライン無しに換えることもできます。

寝室で感動と癒やしの星空

実際に寝室で星空を映し出してみました。

部屋をまっくらにして、角度とピントと調整するだけの簡単作業です。

真っ暗な部屋の天井に突如現れた星空に親子で感動!

星の緻密な表現がものすごいです。

一つ一つの星の粒、そして、恒星の輝きの強さまでちゃんと再現されています。

以前、オーストラリアの田舎で満天の星空を見たことがありますが、そのときと同じくらいの星空です。

今の日本ではいかに星が見えなくなっているかが良くわかります。

星空を眺めているうちにだんだんリラックスしていくのがわかりました。

満天の星空の下で寝るのが夢だったのですが、室内でかなっちゃいました(笑

便利な機能付き

星を投影するだけでなく、便利な機能がついています。

・おやすみタイマー
・全天一周機能
・流れ星機能

おやすみタイマーでは、15分、30分、60分に設定して、自動的に電源が切れるようにできます。

いつも15分のタイマーをつけて子供を寝かしつけしていますが、大抵タイマーが消えて真っ暗になるまで子供は寝ません(笑

でも、消し忘れ防止としてこの機能は助かります。

全天一周機能では、ゆっくりと星空が回転します。

部屋の隅から投影すると天体が傾いてしまうのですが、この機能のおかげで隠れた星座もそのうち現れます。

流れ星機能では、定期的にランダムに流れ星が流れます。

また使い始めたばかりで、星空に興味がない子供といっしょに流れ星探しをして遊んでいました。

子供が星座に興味を持つようになるまで

自分はあまり星座に興味がないのですが、うちの奥さんは星座が好きで、子供に星座を教えていました。

子どもに興味を持ってもらうには、自分の好きなものを教えるのが良いようですね。

そのときに使っていたのが学研の星座図鑑でした。

これが一冊あれば、星の探し方から星座の話まで、星に関係することなら一通り調べることができます。

奥さんは寝る前に子どもに図鑑から星座を一つ探して、その物語や形などを説明してあげていました。

そして、寝かしつけながら天井に映った星座から、説明した星座をいっしょに探していました。

今では星座にかなり詳しくなり、いっしょに行ったプラネタリウムでは解説員の人の質問に答えられるくらいになっていました。

完全に負けてしまいました(笑

評価

機能的にも満足で、星座の勉強ができて、リラックスもできます。

星空にも感動します!

しかし、やっぱりちょっと高い、、、

これで5,000円なら文句無しの星5ですが、8,500円という金額はやっぱりなかなか手が出ません。

本体がプラスチックでチープな感じがしたのも減点ポイントでした。

とはいえ、子どもが星座を好きになってくれたのはやっぱりうれしいです。

「もっと手軽に楽しみたい!」という方には、4,000円くらいで購入できる「ホームスターライト」という商品もあります。

他にお風呂で楽しむホームスターやディズニーとコラボしたものもあります。

が、本物の星空を体感したいのであれば、やっぱり「ホームスタークラシック」をおすすめします。

-おもちゃ
-,

Copyright© ネオバックパッカーのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.