PC、スマホ関係

3年使ってわかった!エコタンクプリンターのデメリット2つを紹介

更新日:

エプソンのエコタンク搭載プリンターを使って3年になりました。

個人的には本当に買ってよかったと思える商品ですが、もちろんデメリットもあります。

そこで、実際に使っていた感じたエコタンクプリンターのデメリットや、ネットの口コミの検証などをまとめました。

我が家で使っているエコタンク方式プリンター「EW-M571TE」

我が家で使っているのは、エプソンのエコタンク搭載プリンターの「EW-M571TE」です。

こちらのプリンターを購入して、すでに3年経ちます。

その間に印刷したものは、こちら。

  • モノクロ 384枚
  • カラー 1713枚
  • 合計 2097枚

印刷したもの一例

  • 年賀状 約80枚×2年
  • 自治会の役員資料 約200枚
  • 子供の学習プリント 約200枚
  • 家族写真 約150枚

ここからは、3年間でこれだけ印刷して感じたエコタンク方式プリンターのデメリットを紹介します。

 

エコタンク方式プリンターのデメリット

デメリット.1 プリンター本体が大きくてダサい

IMG 2791

見ていただくとわかると思いますが、我が家が購入したエコタンク方式プリンター「EW-M571TE」は「デカくてダサい」です。

エコタンクプリンターを購入した後、以前プリンターを設置していた場所に置いたのですが、インクタンクの部分が大きくはみ出してしまいました。

 

以前使っていたエプソンとキャノンのプリンターは、インクをプリンターのヘッド部分に装着するタイプなので、プリンター本体は小さくてすっきりしていましたが、大量のインクを本体に入れておく必要があるので仕方ないかもしれません。

 

本体サイズは、

・横幅 375mm
・奥行き 345mm

と、なかなかの大きさ。

IMG 1871

奥行きは一番出ているところで計測しています。

置き場所を考えてから購入するのをオススメします。

 

タンクが飛び出ているダサいデザインですが、基本的に他の機種も同じ感じです。

我が家の「EW-M571TE」よりもグレードが高いこちらのプリンターも同じようなデザイン。

こちらはエコタンク方式の中ではスッキリしたデザインですが、モノクロ専用のプリンターです。

プリンターとは思えないスタイリッシュなデザインが流行っている中で「ザ・プリンター」という感じの無骨なダサいデザイン、、、

インクの残量が見えるように前面に確認窓を付けたり、インクの補充がしやすいようにと、デザインを工夫してくれているようですが、ダサいものはダサいですね。

今後、デザインがかっこよくなってくれると良いのですが。

 

デメリット.2 プリンター本体が高い割に安っぽい

家電量販店に行くと一番下のモデルなら5,000円くらいでフルカラーインクジェットプリンターが買えます。

でも、交換用インクを全色購入すると4,000円くらいかかります。

いままでは、エプソンやキャノンなどのプリンター会社は本体の価格を安くして、インク代に上乗せして利益を出していました。

 

しかし、中々インクが減らないエコタンク方式のプリンターはインク代で稼ぐことができません。

インク代で収益を得られないからか、エコタンク搭載モデルは本体が安っぽいつくりです。

購入時の金額は35,000円くらいだったのですが「35,000円でこれか、、、」というくらいチープな感じがします。

本体の液晶画面が小さくて見えづらかったり、ボタンの押し心地が軽くて安っぽかったり。

本体のショボさをデザインでなんとか補おうと頑張っているのが感じられるのですが、実際に見ると「やっぱりしょぼいなぁ」と感じてしまいます。

 

エコタンク方式じゃないプリンターを35,000円で買えば、上位機種でタッチパネル搭載のものが買えます。

インク代で稼げないので、本体のコストは削減されてしまい、結果的に「高い割に安っぽい」プリンターになっているのでしょう。

 

ネットのネガティブな口コミは本当?

ここからはネット上で見かけたネガティブな口コミに対して検証していきます。

インク交換時に汚れる

これはネットで見つけたデメリットでしたが、実際には説明書通りにやればインクで手が汚れることはないです。

ボトルを指示通りに本体に差し込めば、インクが勝手にタンクの中に入るので、簡単でした。

 

印刷に時間がかかる

アマゾンのレビューでデメリットとして書かれていました。

たしかに早くはないです。

が、あまり遅いと感じたこともないです。

ビジネス用途で、すぐに大量の印刷が必要という場合もある方なら、遅いと感じることもあるかもしれませんが、家庭用途なら許容範囲かと自分は思える速さでした。

 

印刷時の音がうるさい

こちらもアマゾンレビューで書かれていたデメリットです。

夜、子供を寝かしつけた後に、同じ部屋や隣の部屋で印刷するのは躊躇するくらいの音ですが、プリンターとしては普通の音かなと思います。

3万円以上出したら、もっと静かなプリンターもあると思いますが、インク代が違うので、別物と考えています。

 

印刷品質が良くない

印刷品質はたしかに「すごくきれい」とは言えませんが、使用に支障が出るほど悪いとも思えません。

実際にこちらの画像を印刷してみました。

IMG 2039のコピー

印刷して出てきた写真がこちら。

IMG 5100

すごく発色がきれい!とは、そういう感じではないですが、まあ家庭用のプリンターならこんなもんかなというレベルだと思っています。

ただし、本体が高いので、「この金額で、この印刷品質か、、」と思う方もいるかもしれません。

 

インクがぜんぜん減らないので、写真を印刷するときは、いつも印刷品質を「きれい」にして印刷すると良いです。

今まではインクがもったいなくて使えなかった機能ですが、今は写真は「きれい」、子供用のプリントは「普通」で印刷するように、設定を変えています。

ちょっと白っぽい感じになることもあるので、印刷する前に画像の発色を調整しています。

印刷品質に関しては、好き嫌いがあるのでなんとも言えませんが、自分の中では許容できる範囲でした。

ちなみに、使っている写真用紙はこちら。

安くて品質が良いので、重宝しています。

 

それでもエコタンクプリンターを買って良かった理由

すべての物事は一長一短があるので、必ずデメリットはあります。

それでもエコタンクプリンターを買って良かったと思える理由を紹介します。

 

 

インク代がびっくりするほど節約できた!

エコタンク搭載のプリンターの一番のメリットは「安く印刷できる!」というところです。

が、その分本体の料金が高いので、あまり印刷しない人は本体代が高いというデメリットがあります。

エプソンの公式サイトには印刷コストをわかりやすく表した「コストシミュレーション」のイメージ図が掲載されていました。

NewImage

※参照:エプソン公式

これを見ると、2000枚くらい印刷したあたりからエコタンクプリンターの方が安くなりますね。

我が家はちょうど2,000枚近く印刷したので、ここから使えば使うほどお得になっていく予定です。

3年間でインクを購入した回数は「0回」

3年前にプリンターを購入したときに付属していたインクがまだ半分くらい残っています。

 

エコタンクじゃない普通のプリンターを使っていたときは、年賀状のときに全色一式5,000円、半年に1回全色一式5,000円くらいで、1年間にインク代で1万円くらい使っていました。

3年間でざっくり3万円節約できました。

 

写真、子供の学習プリントなど気軽に印刷できる

以前のプリンターだとインクが高かったので、子供の学習プリントなどが気軽に印刷できませんでした。

エコタンクプリンターしてからはインク代を気にせず、

  • 長男の学習プリント
  • 次男の迷路や塗り絵
  • おばあちゃんに渡す孫の写真
  • 気になるレシピ

などを印刷して楽しんでいます。

今までインク代を節約していたときには出来なかった使い方ができるようになり、プリンターの活用方法が広がりました。

 

ヘッドクリーニングをしなくなった!

プリンターを使っていて一番ストレスが溜まるのが「ヘッドクリーニング」でした。

インクの目詰まりを解消するための機能ですが、ヘッドクリーニングをしたからと言って必ずプリンターが直るという保証もありません。

満タンのインクを買ってきてヘッドクリーニング3回して空になったのにプリンターが直らなかったときの、あのストレスは忘れられません。

 

普通のプリンターを使っていたときは、インクがもったいないのであまりプリンターを使わないようにしていました。しかし、プリンターを使わないとインクヘッドが乾いてしまい、目詰まりしやすくなり、結果的にヘッドクリーニングをすることになります。

エコタンクプリンターにしてからは、頻繁に印刷するので、そもそもヘッドクリーニングをほとんどしたことがありません。多分、購入して3年間で一回くらいだと思います。

 

結果的にストレスがなくなった!

エコタンクプリンターを購入して一番良かったのは「ストレスがなくなった」ことです。

インクがどんどん減るし、買うと高いし、安い互換インクを買うとインクが詰まるからヘッドクリーニングが必要になってまたインクが減る。

そういうとき常にストレスを感じていましたが、現在はとても快適です。

 

好きなときに好きなものが印刷できて、気になるときに雑誌など気軽にコピーできる。

家にプリンターがあるって本来こういう生活なんだなぁと実感できました。

 

買うならAmazonの3年保証付きがおすすめ

ここまで読んでエコタンクプリンターの購入を検討しているならAmazonで購入するのがおすすめです。

その理由は、

  • 3年間の無償保証付き
  • 引取り修理

だからです。

 

保証付きの商品はありますが「引取り修理」が無料なのはうれしいです。

「修理は無料だけど会社まで送料負担で送ってね!」という場合は、プリンターだと送料がばかにならないので、気軽に修理の依頼は出来ませんよね。

引取り修理なので、修理を申し込むと家まで配送業者が無料で引取りに来てくれます。

プリンターはヘッドの目詰まりなどのトラブルがおきそうな気がして、保証を重視しましたが、我が家は3年間で紙詰まり、ヘッドの目詰まりなどのトラブルは一切おきていません。

 

エコタンクおすすめ2機種

エコタンクプリンターのおすすめ3機種を紹介します。

「EW-M770TW1」はエコタンクの上位機種です。

特徴は、

  • 価格は約55,000円
  • 前面給紙有り
  • 黒インクは「顔料」と写真に強い「染料」の2タイプ
  • インク付き

です。

 

もう一つは我が家でも使っている「EW-M770TE」です。

特徴は、

  • 背面給紙タイプ
  • インク付き
  • 価格は約25,000円

です。

今までは35,000円くらいでしたが、最近25,000円ほどに値下がりしました。

我が家ではキャッシュバックを使って38,000円くらいで購入したので、正直うらやましい、、、

本体価格はアマゾンよりも楽天の方が送料込みで安い場合もあるので、買う前に両方チェックした方が良いですが、Amazonは3年間の引取修理保証があるのをお忘れなく。

-PC、スマホ関係
-

Copyright© 清八商店 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.