PC、スマホ関係

エプソンのエコタンク搭載プリンター「EW-M571TE」を購入したので感想とレビュー!全然インクが減らなくて感動!!

更新日:

IMG 2791

年末に毎回5,000円くらい払って年賀状のインクを買うのがすごくストレスだったので、ずっと気になっていたエコタンク搭載のプリンターをついに購入しました。

想像以上に快適で、いままで思っていたよりもインクに関するストレスがあったんだと実感しました。

年賀状を印刷してもまだまだ全然インクが減っていないので、これからもガンガン印刷できそうです。

スポンサーリンク

購入のきっかけ

独身のときはプリンターを使う機会もそんなになかったので、インク代もそんなに気になったことはなかったのですが、結婚して子どもができると写真印刷をしたり、年賀状を作ったり、子どものプリントを印刷したり、コピーを撮ったりとプリンターの活躍する機会が増えてインクの減りが早くなってきました。

インクの管理をしているのは僕です。

良く使うのは奥さん。

インクがなくなると買ってくるのですが、全色揃えると5,000円くらいします。ケチって互換インクを利用すると詰まりやすくなり、ノズル掃除をすればまた大量のインクが減り、、、完全に悪循環。

インクを購入する自分からすればインクを節約したいから互換インクを買いますが、その分詰まりやすくなって、使いたいときに使えない奥さんはイライラします。

プリンターで夫婦ゲンカになりそうでした。

そこで、以前から気になっていた「エコタンク」搭載モデルの購入を検討しました。

エコタンクとは?

エコタンクとは今までのインクカートリッジを使ったプリンターと違って、プリンター本体に内蔵されているインクタンクにボトルのインクを注入して使うエプソンのプリンターです。

実は、このタイプは何年も前からエプソンは海外では普通に発売していたのですが、日本では売っていませんでした。多分、日本のプリンター本体を安くして、インクを高くするというビジネスモデルが儲かっていたんでしょうね。

日本だけ高い物を購入させられているというのが許せなくて、一時期海外からインクタンクがついたモデルを輸入しようとも考えてましたが、ついにエプソンがインクタンクがついたモデルを「エコタンク」という名前で発売しました。

プリンターは壊れやすいイメージなので、保証がついた国内正規品がやっぱり良いですね。

EW−M571Tを選んだ理由

この記事を書いている時点でエプソンからエコタンク搭載モデルは7モデル出ています。

Ecotank

 

・A3対応カラー EW-M5071FT
・A3対応カラー EW-M970A3T
・A4対応カラー EW-M770T
・A4対応カラー EW-M670FT
・A4対応カラー EW-M571T
・A4対応カラー EW-M660FT
・A4モノクロ  PX-M160T
・A4モノクロ  PX-S160T

何が違うかというと、

・カラーか白黒
・FAX有り無し
・インクが顔料か染料か
・全面給紙有り無し
・ディスクレーベルプリント有り無し
・メンテナンスボックス有り無し

他にもいろいろと違いがありますが、個人的に気になっていた大きな違いは上記の6つでした。

白黒だとあまり意味がないので、カラーは必須でした。

FAXは家に固定電話もないし使うこともないので必要ありませんでした。

エコタンクモデルではインクに「顔料」を使うものと「染料」を使うものがあります。顔料は文章に強く、染料は画像に強いインクです。

我が家が購入した「EW-M571T」というモデルは黒が顔料でカラーは染料を使います。

購入して実際に文章も画像も普通紙にも写真用紙にも印刷しましたが、使い勝手は今までと変わりませんでした。ただ、カラー写真は黒を黄色と青と赤を混ぜて作るからなのか、ちょっと白っぽい色合いになります。

気になる人は気になると思いますが、我が家は残しておきたい写真はネット印刷に注文して印刷するので、家のプリンターで印刷するのが多少白っぽくなっても気になりません。

全面給紙やDVDなどに直接印刷できるディスクレーベルプリントにも魅力を感じませんでした。

最期まで気になったのは「メンテナンスボックス」です。

 メンテナンスボックスとはフチなし印刷などで用紙からはみ出たインクを貯めておくタンクがあるのですが、そちらは普通個人で交換できず、満タンになったらプリンターが使えなくなります。

しかし、メンテナンスボックスを採用しているものは1,000円から2,000円ほどで純正のボックスを購入して、自分で簡単に交換ができます。

メンテナンスボックスは上位機種にしかついてないのでかなり悩みました。

上位機種は6万円以上します。

結局、そこまで出すだけのメリットが感じられず、メンテナンスボックス無しの機種にしました。

購入時には5,000円のキャッシュバックキャンペーンをしていて、38,860円でアマゾンで購入しましたが、実質は33,860円でした。

説明書無しで安いモデル

アマゾンで購入したモデルは「EW-M571T」ではなく「EW-M571TE」という型番号の商品でした。調べてみましたが、どうやら型番号が違っても製品は同じモノのようです。

しかし、こちらのアマゾンのモデルでは説明書などが一切入ってなく、自分でネットでダウンロードする必要がありました。

まあ、どうせ説明書は最終的にスキャンしてしまうのでいいやと思って購入しました。

そして、数日で家に届きました。

IMG 1867

箱に書かれている型番号は「EW-M571T」でした。

箱の中に入っている紙はこれ1枚だけ。

IMG 1870

とてもシンプルです。

紙には保証書の発行方法などが書かれていました。

他に箱の中に入っていたのはこれですべてです。

IMG 1871

パソコンで説明書を型番号から検索してセッティングしましたが、結構簡単でネット接続など含めて全部で30分くらいでセッティングが完了しました。

インクもフタを開けてタンクに差し込むだけなので、とても簡単です。

その後、マイエプソンに登録して、保証書の発行を依頼しました。

キャッシュバックで5,000円もらう

後日、保証書をメールで受取り、保証書を印刷して、キャッシュバックの申請をしました。

IMG 2121

申請書を書いてアマゾンの領収書と保証書の印刷したものを貼り付けて送りました。

IMG 2123

遅いと思っていましたが3週間くらいで郵便が届きました。

IMG 2414a

送られてきた振替払出証書を郵便局に持っていき、無事5,000円を受け取ることができました。

38,860円で購入しましたが、実質は33,860円になりました。

インクがぜんぜん減らない

年末に購入したので、最初の大仕事は年賀状の印刷です。

ほぼ全面に写真を使った年賀状を作って、すべて印刷設定「きれい」で印刷しました。

たしか70枚くらい印刷したと思います。

それ以外にも年末に子どものプリントやA4サイズの写真、L版の写真を10数枚などなど、いろいろと印刷しました。

その結果減ったのはインクタンクの10%分くらいです。

IMG 2792

年賀状だけならあと9年分は印刷できますね。

印刷の質も設定で「きれい」にしているので、想像以上にきれいに印刷できました。

以前のプリンターでは「きれい」に設定するとインクが大量に減るので、あまり使えませんでしたが、エコタンク搭載だとインクの量を気にせず「きれい」に設定できて気持ち良いです。

印刷スピードは早くもないけど、遅くもないという感じです。

3年間の無償保証

以前プリンターが詰まったときに無料保証で直してもらったことがあるので、プリンターには絶対保証を付けたいと思っていましたが、こちらのプリンターはなんと3年間の無償保証がついてきます。

でもこういうのを見ると

「はいはい、どーせ送料はこっちもちなんでしょ」

と、思ってしまうのですが、なんと引取修理で、梱包もしなくて良いのです。

これは素晴らしいですね。

ここまでするということはよっぽど壊れない自信があるんでしょうね。

3年間の保証期間は安心です。

評価は★★★★

インクに関してのストレスがなくなり、家で気軽に印刷物を作れるようになって大満足です。子どものプリントや工作の素材が気軽に印刷できるのはうれしいです。

後はメンテナンスボックスがついて黒の染料インクがついて同じくらいの値段なら最高でした。

あとは本体についている液晶が小さいのが気になりました。

まとめ

EW-M571TEについてまとめると、

・インクがぜんぜん減らない
・3年間の無償保証付き
・カラーはちょっと白っぽい
・印刷の質はまあまあ

という感じでした。

今までのプリンターのインクへのストレスがなくなったのがすごくうれしいです。もっと早くこういうプリンターを出してくれれば良かったのに。

エプソンのエコタンクシリーズが売れればキャノンも追従して、同じような商品を出すのではないでしょうか。

そうやって、プリンター業界がもう少し消費者に寄ってくれれば良いのですが。

ちなみに、 インクがなくなって全部交換したとしてもだいたい5,000円くらいです。今までのインク代と変わらないですね。でも、今回のインクなら3年間は補充しなくても良さそうです。

追記 気楽にコピーできるのが素敵

本を読んだら読書メモを作っているのですが、そのときに気になるページをインク代を気にせずに気楽にコピーできるようになりました。

IMG 3005

コピーしてすぐに見返せるようになって、作業効率が上がりましたし、自分の中で内容を理解して自分のものにできたら気軽に捨てることができるのも良いです。

原本を取って置きたい雑誌なども気になるページをコピーして手元に置いておけば、すぐに見返せるので身の回りのものが整理できてすっきりしました。

追記 1ヶ月放置でも印刷できた

以前のインクジェットプリンターは長期間放置しておくとインクヘッドが目詰まりを起こしてしまい、そのたびに大量のインクを消費しながらヘッドクリーニングをしていたのがとても苦痛でした。

エコタンク搭載モデルはインクの金額を気にしなくても良いので、ちょこちょこプリンターを使っているのですが、今回たまたま1ヶ月くらい使わないときがありました。

「どうせヘッドクリーニングが必要なんでしょ。」と思って久しぶりに使ってみると、一切目詰まりもしないで普通に印刷できました。

ヘッドクリーニングしてもインクが安いので気にならないのですが、そもそもヘッドクリーニングもいらなかった。

エコタンクいいです♪

追記 2018.09 ホワイトモデル登場

いままではブラックしかなかったのですが、ホワイトモデルが登場しました。

51pGE3qDRML SL1229

白だと日焼けが気になりますが、黒と違ってホコリは目立ちにくいですね。

すっきりしているデザインで、リビングに置いても違和感がなさそう。

追記 2018.09 価格が30,876円に

楽天で最安値が30,876円になっていました。

以前アマゾンで購入したときにはキャッシュバックを入れて33,860円でしたが、現在、アマゾンの価格で32,065円になっていました。

ホワイトモデルは、ブラックよりも2,000円ほど高かったです。

買いやすい金額になってきましたね。

楽天はポイントがつくので、さらにお得感がありますね。

-PC、スマホ関係
-,

Copyright© ネオバックパッカーのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.