映画

テレビで見たかった「るろうに剣心」を観たので感想とネタバレ

更新日:

今まで観たかったけど、なかなかTSUTAYAやゲオで旧作にならなくて、借りよう借りようと思っていたけど、そんなことも忘れてしまったくらいで、ついにテレビであの「るろうに剣心」が放送されました!

るろうに剣心なんて久しぶりの響きです。昔はジャンプで連載しているときに読んでいたけど、うちにはコミックスがないので、わざわざ漫画喫茶やゲオでレンタルしてまで読む気にはならず、久々に映画で観たのでストーリーを忘れていました。

 

 

   

 

 

ほんと〜〜っに簡単なあらすじですが、あらすじとしては、

「明治の世の中になって昔は人斬り抜刀斎として恐れられていた緋村剣心が、その剣を人を生かすために使う。マンガのストーリーをなぞると、武田観柳を倒して鵜堂刃衛を倒すまで。」

という内容です。流れとしては結構展開が早いですが、なかなか楽しめました。

 

 

・ストーリーについて

ちょっとテンポが早いような気がしました。久しぶりのるろうに剣心だったので、ストーリーに関しては新鮮な気持ちで観れましたが、話が淡々と進んで行くので多分マンガを読んでない人は、「左之助簡単に仲良くなり過ぎだろ」と思うのではないでしょうか? 

 

 

・キャラクターについて

良いです!! キャラクターについては個人的に高評価です! 佐藤健の「剣心」もよかったし、以外に武井咲の「神谷薫」もすんなり受け入れられました。相良左之助もよかったし、吉川晃司演じる「鵜堂刃衛」はかなりかっこいい!

あと香川照之の「武田観柳」もいい味出していました。ただ、一つ文句を言いたいのが、「斉藤一」役。

江口洋介が悪いというわけではなく、他のキャラクター達がはまり過ぎているので、やはりマンガでは細身で冷静な斉藤一とのイメージが違ってしまう。まあ、しかた無いでしょう。

 

 

・アクションについて

アクション最高! 剣心の持ち味であるスピードがうまく表現されていて「日本のアクションもここまで来たか!」と感動しました。武田観柳の屋敷の外で戦っていて地面を走るシーンや、バルカン砲から逃げるシーンなどスピードの表現が素晴らしかった! 最後の戦いのときの鵜堂刃衛の不思議な剣さばきもかっこよかった! ワクワクするアクションシーンばかりで最高です!

 

 

・まとめ

2014年には2部作の続編で今度は「志々雄真実編」が公開されるようです! 今回の話はちょっと展開が早かったので次回を2部作にするというのはありですね! 期待できます。

ただ、ちょっと、、、志々雄真実の役を藤原竜也が演じるそうですが、個人的にはちょっと反対かな。志々雄真実って小柄で細身なイメージなんですが、ちょっとイメージが出来ない、、、

まあ、藤原竜也の演技は好きですし、志々雄真実は基本的に包帯で顔が隠れているので、実際はそこまで違和感がないのかもしれないです。

中学生のときに流行った「二重の極み」「三重の極み」がどうやって実写化されるか楽しみです。あとは「刃突零式」もどうなるのかワクワクします。

どちらにしろるろうに剣心の続編楽しみです!最近、実写化されたマンガの中で一番の出来だと個人的には思ってます。

あと、エンディング曲はるろうに剣心の初期のエンディングで使われてたラルクかTMRevorutionにやってもらいたいという、多分かないそうもない願いがあります。

 

 

by カエレバ

-映画
-

Copyright© 清八商店 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.