雑貨

おしゃれな「kurevy電子ライター」を購入したので感想とレビュー ガスライターとの違いも

更新日:

IMG 1151

アマゾンで見つけて気になった商品「電子ライター」の紹介です。

充電して使うというちょっと変わったライターで、ライターというよりも小型のスタンガンのような感じ。

珍しくてなかなかおもしろかったので、レビューして感想を書いていきます。

スポンサーリンク

電子ライターとは?

電子ライターの細かい定義はわかりませんが、要は電気で火をつけるライターということ。

普通のライターは燃料にオイルやガスを使いますが、こちらのライターに使うのは「バッテリー」。

USBでライター内のバッテリーに充電することで、繰り返し使うことができます。

kurevyの電子ライター

今回購入したのは「kurevy」というところの電子ライター。

同じ様な商品がアマゾンでほかにも売られているので、中国から輸入しているんでしょう。

画像はスタイリッシュな感じでした。

アマゾンで購入して数日でポストに届きました。

IMG 1144

中には「LIGHTER」と書かれた意外としっかりした箱が入っていました。

IMG 1147

「CE」マークがついているということは、EU加盟国の基準を満たしているようです。

裏はオレンジで、なかなかスタイリッシュなデザイン。

IMG 1148

箱の中はきれいに商品が収まっていて、意外と良い感じ。

IMG 1149

説明書にはちゃんと日本語がありましたが、翻訳ソフトで翻訳したものを貼り付けただけ、という感じのちょっと変な日本語でした。

IMG 1150

こういうクオリティで良しとする中国ってある意味尊敬します。

箱にはUSBケーブルも入っていました。

IMG 1151

ライターの底の部分にUSBの差込口があって、充電できるようになっていました。

IMG 1159

ライターを手に持った感じは、、、意外と良い。

表面はなめらかで、角も丸くなっていて、手にしっくりくる感じ。

IMG 1152

小型のスタンガンみたい

フタを開けると自動的にバッテリー残量が表示されます。

IMG 1153

購入してそのままですが、すでに満タンまで充電してありました。

フタを開けるたびに常にバッテリー残量が目に入るので、充電忘れもなさそうですね。

実際に使ってみました。

フタの下についている丸いボタンを押すと、「ビビビビッッッッ」という音とともに、紫色の光が出てきました。

IMG 1157

ここに燃やすものを当てると火が付きます。

そんなに大きな音ではないですが、聞き慣れない音にちょっとビビリます。

「ライターっていうけど、これって小型のスタンガンなんじゃないの?」 と思って調べてみると、実際そんな感じみたいでした。

スパークしている部分を素手で触ると、やっぱり痛いそうです。

そりゃそうですよね。

フタを閉めている間は、ボタンを押してもスパークしない安全設計でした。

風に強い

ライターは風が強いときには消えてしまうので、使いづらいですが、電子ライターは風には強いようです。

ちょっと光っている部分を吹いてみましたが、紫の光がうにょうにょ動くだけで、消えることはありませんでした。

評価は

まあ、悪くはないけど、結局ライターなので、それ以上でもそれ以下でもないということで星3つ。

パッケージが意外としっかりしているので、面白い商品が好きなタバコ好きの人や、アウトドア好きの人へのプレゼントに良いかも。

まとめ

電子ライターについてまとめると、

・風に強い
・USBで充電できる
・充電すれば何度も使える

という感じ。

なかなかおもしろい商品でした。

-雑貨
-

Copyright© ネオバックパッカーのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.