Mac,iPhone,iPad

iPhone5sの指紋認証のセキュリティは大丈夫なのか?

更新日:

IPhone5ssimon

ついに新型iPhoneのiPhone5sの発売が決定しました。しかも、ついに、ついにドコモからiPhoneが発売されるという嬉しい報告もついています。何やら噂では10年以上使っていてプレミアクラブのメンバーが優先とか、ドコモのロゴがiPhoneに付くかもとか、一部の店舗でのみ販売とかいろんな噂がくすぶっているようですが、出すと決めたんならロゴとか、販売制限とか無しにしてほしい…

今更じたばたして、iPhoneを買ったら勝手に「dマーケット」のアプリとかインストールされていたらちょっとひいてしまう。消せるならすぐに削除するけど。

そんなiPhone5sですが、ついに「指紋認証」がつくようです。しかし、指紋認証って本当に大丈夫?

 

【そもそも携帯って指紋だらけだけど】

自分がつかっている携帯はすでに自分の指紋だらけです。昔のiPodとかiPhoneとか持っていた人ならわかると思いますが、磨き上げられた金属を手で触るとわかりやすく指紋が残ります。それでなくとも、タッチパネルの表面上は指紋だらけになると思うのですが、その指紋自体はハッキングの手がかりにならないのでしょうか?

ぼくは、「ナショナル・トレジャー」というニコラス・ケイジが主演で、宝探しをする映画が好きで、1,2と両方DVDを持っているのですが、この映画のなかでニコラス・ケイジがセキュリティを破るために指紋を盗むことをしていました。気になったので検索してみたら似たような実験をしていた人がいました。

 

【グミ指と呼ばれる方法で指紋を盗む】

セキュリティ自由研究:
この夏、グミ指を作ってみないか

こちらのサイトでは、指紋認証のセキュリティを突破してみようと実験をした人のレビューが書かれています。方法として、

1,iPhoneなどの鏡面部分で指紋が取りやすいところへアルミの粉末をかけて指紋を浮かび上がらせる。

2,浮かび上がらせた指紋をアルミの粉ごと透明なテープで採取。

3,テープを白い紙に貼ってスキャナーで読み取る。

4,読み取った指紋を画像編集ソフトできれいにして、反転してOHPフィルムにプリンターで印刷。

5,指紋の型をプリント基板で作る。

6,ゼラチンでグミを作り、基板の上で固めて終了。

以上で作った指紋のついたグミ(グミ指と呼んでいる)で指紋センサーに挑戦しています。指紋センサーは指をスライドさせるセンサー(ラインセンサー)と今回のiPhone5sのように指の全面を押し当てるタイプのもの(ラインセンサー)があるそうです。

結果は、エリアセンサーもラインセンサーもセキュリティを突破してしまいました。しかし、ラインセンサーは2つ試して、1つは突破出来なかったようです。センサーによっても違うんですね。

 

【指紋認証だけですべて大丈夫なセキュリティは怖い】

こうやって考えると指紋認証だけですべて許可してしまうセキュリティはちょっとこわいです。なぜなら使っているiPhoneのにセキュリティを解く鍵である指紋がこれでもかとたくさん付いているからです。

昔、役所で「市民カード」というものがあって、そのカードでカウンターに並んで証明証を申請しなくても住民票や印鑑証明が取れるシステムがありましたが、そこも、「市民カード」「指紋認証」「暗証番号」という3重のセキュリティになっていました。もし、誰かが市民カードをその人の個人情報と一緒に拾って、市民カードに付いている指紋を復元して、セキュリティを突破しようとしても暗証番号がわからなければどうしようもありません。

しかし、もし指紋認証だけだったらセキュリティを破ることはできたかもしれません。そう考えると指紋認証だけでiPhoneのセキュリティを解除できて、ネットショッピングでiTunesで音楽が買えたりするのはちょっとこわいかも。

 

【あとは指紋認証がどれだけ進化したかが鍵】

ギズモードで「ジョニー・アイブ氏、Touch IDという名の指紋認証のディテールを語る(動画)」という記事が掲載されていました。これを読むとiPhoneの指紋認証はかなり賢そうです。使う度に賢くなるみたいですね。ちなみに、先ほどのグミ指をつかったセキュリティ突破の記事は2007年に書かれています。その後5年でどれだけ指紋認証のセキュリティが向上したかが鍵ですね。

もし、指紋認証だけで完全に安全なセキュリティになるのなら煩わしいパスワードの入力とパスワードを忘れてしまうリスクもなくなるのでかなり嬉しいです。しかし、かならずセキリティは誰かに破られてしまうイタチごっこの運命です。それでも、今回の指紋認証には期待してます♪

静脈認証というものを昔聞いたことがありますが、あれなら盗むことも出来ないし完璧なんじゃないかと思いましたが、スマートフォンに搭載するのは難しそうですね。しかし、一番こわいのは指紋データなり静脈データなりをもっているサーバーがハッキングを受けたときですよね。そうなると、指紋データなどと個人情報が結び付けられて流れて、個人のセキュリティ情報が流れ出てしまいます。そういったところはセキュリティに十分注意してほしいです。

と、いろいろと書きましたが、正直iPhone5sは楽しみです。ドコモからキャリア替えしようと思っていたので、ドコモで契約しようかと思っています。

iPhone5sはiPhone5と形は同じなので、iPhone5のケースも使えるみたいですね。

by カエレバ

-Mac,iPhone,iPad
-

Copyright© 清八商店 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.