子育ての知恵

急に子供のおねしょが続くようになったのは怖い思いをしたから?

更新日:

ちょっと前に5歳の長男が急におねしょするようになりました。

比較的トイレトレーニングがうまくいった長男だっただけに「なんでいまさら?」という疑問でいっぱいでした。

しかし、おねしょがおさまってきたら、だんだんと理由がわかってきました。

トイレトレーニングは順調だった長男

未だになかなかうまくいかない2歳半の次男に対して、長男のトイレトレーニングはとてもスムーズでした。

まあ、初めての子供で親が見てあげられる時間もあったという違いがありますが、長男はかなり優秀でした。

2歳くらいのときには、すでにうんちはトイレでしていましたし、2歳半くらいで夜のおしっこはほぼオムツにしていない状態。

保育園でもほぼオムツを濡らさなくなり、2歳10ヶ月頃には完全にオムツが外れていました。

そんなトイレトレーニングに関して優秀だった長男が5歳にして何故か急におねしょを連発するようになりました。

 

5日間連続でおねしょ

冬だったのですが、ある日おねしょ。

まあ、たま〜にパンツをちょっと濡らすくらいのおねしょをするのであまり気にしていませんでした。

長男はおねしょをすると、1人でトイレに行き、自分でベッドの横にある服をとって着替えをして濡れたパンツをズボンを洗濯機の横のバケツに入れる後処理をします。

自分でいろいろやってくれるので、自分たち夫婦も特に怒ることもなくたんたんと処理するだけです。

しかし、2,3日おねしょが続いて、さらに続いたときさすがに「なんで?」と思うようになりました。

とはいえ、いつか治るだろうと思っていたので、そのまま放っておいたら1週間くらいしてようやくおねしょをしないようになりました。

おねしょがおさまってから、だんだんと原因がわかってきました。

 

節分の鬼が怖かったからおねしょした?

おねしょをするようになったのは、ちょうど節分の時期です。

子どもたちが通っている保育園では、毎年節分の時期になると鬼が登場するイベントをします。

その鬼が結構リアルで怖いようです。

長男が年少のときには大泣きして、5歳になった年中でも大泣きしたそう。

先生曰く「1年担任してきたけど、あんな泣いたの初めて見た」というほどの大泣きだったようで、よっぽど怖かったみたい。

節分が近くなると長男は心配そうに「今日鬼来る?」と聞くようになりました。

よっぽど節分の鬼が怖かったみたい。

おねしょが始まったのがちょうど保育園の節分イベントが始まったとき。

もしかしたら夢の中でうなされておねしょをしてしまったのかも、、、

う〜ん、かわいそう。

とはいえ、原因がなんとなく絞り込めたのと、おねしょがおさまって一安心です。

急におねしょをするようになったら、直前に怖い体験がなかったか調べてみると良いですよ。

-子育ての知恵

Copyright© 清八商店 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.