書評(絵本)

子供が喜ぶ仕掛け絵本『まくらのせんにん そこのあなたの巻』かがくいひろし

更新日:

我が家で人気の絵本作家「かがくい ひろし」さんの絵本です。

話の最初から面白くて「クスッ」となる作品です。

最後にはちょっとした仕掛があり、子供がいつも「やりたい!やりたい!」盛り上がる絵本です。

仕掛けがある絵本っていいですね。

絵本「まくらのせんにん そこのあなたの巻」

基本情報

  • 絵 文 かがくい ひろし
  • 佼成出版社 クローバー絵本シリーズ

 

「まくらのせんにん そこのあなたの巻」のあらすじ

この絵本の主要登場人物は、「まくらのせんにん」「かけぶとんのかけさん」「しきぶとんのしきさん」です。

なんとなく「水戸黄門」に出てくる黄門様と角さん助さんのような雰囲気の3人組です。

ある日、まくらのせんにんが、しきさん、かけさんと散歩をしていると、穴に頭がはまって抜けなくなっている像を見つけました。

像を助けようとしていると、キリンも抜けなくなっていて、ほかにタコやウサギも穴にはまっていました。

さらに穴の中が気になって覗こうとしたところ、まくらのせんにんも穴にはまってしまいます。

しきさん、かけさんがこのこの後、とんでもない方法でみんなを助けることになります。

 

絵本を逆さにしてトントン叩く

穴にはまってしまったみんなを助けるために、しきさん、かけさんが助けを求めたのは「あなた」です。

あなたとはつまり絵本を読んでいる「あなた」。

「そこのあなたの巻」のそこのあなたとは、絵本を手にとった自分のことだったのです。

しきさん、かけさんの指示で絵本を逆さにすると、文章も逆さに。

しきさん、かけさんは地面でクッションの代わりになり、その後、絵本の上の部分をトントンと叩くように指示されます。

絵本をトントンと叩いて次のページをめくると、、、

どうなるか、もうわかりますね。

 

必ず子供がトントンしたがる絵本

最後の「トントン」と絵本を叩くところを必ず子供が自分でやりたがります。

トントン叩くことでみんなが助かるので、子供はまるで自分が助けたようにうれしそうな顔になります。

簡単な仕掛けですが、読み手が行動することで結末が決まるというのが面白いようで、我が家では大人気の絵本です。

今までに何回読んだかわかりません。

作者の「かがくい ひろし」さんは他にも面白い作品を多数描いているので「新作は出ないのかな?」と思って気になって調べてみました。

しかし、すでにかがくいひろしさんは亡くなっていました。

膵臓がんで54歳で亡くなってしまったようです。

「だるまさん」など我が家では次男が何度も何度も読んでいたお気に入りの絵本でした。

素晴らしい作品を残して、今も子どもたちを喜ばせてくれているかがくいさんに感謝します。

-書評(絵本)

Copyright© 清八商店 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.