気になったニュース

アメリカは日本を守るよりも取引材料に使う

更新日:

中国が尖閣諸島に死刑囚を送り込んで無理矢理奪い取る計画があるなんて物騒な話が出てますね。

 

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20130619/plt1306190710001-n1.htm

 

武装した死刑囚が中国の監視船とともに尖閣諸島に乗り込んで無理矢理奪うという本当かどうかよくわからない計画です。

 

こんな作戦が実行されたら日本はどうするんでしょうか?

 

個人的には早く尖閣諸島に基地でも作った方が良いと思うのですが。竹島のように一度上陸されたらやりたい放題されるでしょうし、島の環境を悪化させることでも平気で行うことが予想されます。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

そんなときにちょっと怖いシナリオが頭をよぎりました。例えば中国が日本を脅し、日本がアメリカを助ける。

 

アメリカと日本は同盟を結んでいるとは言え、尖閣諸島の件では日本はアメリカに助けてもらう形です。対等な立場ではありません。

 

もし、こんな状況でアメリカが中国と裏で話をしてアメリカから中国に「もう少し日本を脅してくれ」と頼んで、日本がアメリカに泣きついたところ、「助けてやるから関税を撤廃しろ」なんて話にもなるかもしれません。中国はその見返りにアメリカの輸出を増やしてもらいます。

 

アメリカと中国が得をして日本がカモにされる状況です。

 

日本がアメリカに守ってもらうようにお願いしていたらいつの間にか頭の上で中国とアメリカが日本を単なる取引材料に使われる状況もありえると思います。

 

日本はアメリカに頼らない武装をして、交渉に巻き込まれないようにしないとやりたいようにやられるでしょう。

 

国と国の駆け引きに「友達」とかそういう甘い言葉は関係ないです。やるかやられるかしかないので、日本の政治家がそういう戦いの出来る人か、そういう戦いが出来なければ国民がそういう人を選ぶしかないです。

 

経済のことばかり言っているといつのまにか国を守る力がなくなってしまうと思います。全員じゃなくても野党でそう言う政党が出来てくれるか、民主党にそういう人がいてくれても良いのですが。

 

 

by カエレバ

-気になったニュース
-, , , ,

Copyright© ネオバックパッカーのブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.