*

城めぐり「小田原城」〜その1 小田原城のイベント

DSC 3153

以前から気になっていた小田原城ですが、たまたま時間が空いて天気が良かったのでちょっと行ってみることにしました。秋晴れの休日だったので、小田原城周辺は結構混雑していましたが、すぐ近くの駐車場に5分くらい待って無事に車を停めることができました。

 

スポンサーリンク

 

1.小田原城でイベント

駐車場に車を停めて歩き出すと、さっそく石垣が見えてきました。石垣の上に見えるのは私立図書館と郷土文化館だそうです。堀の内側に公共の建物があるんですね。

DSC 3131

堀にそって歩くと堀の中に鯉が沢山いて餌をあげている子どもたちがいました。なんだか平和な休日という感じでほのぼのとしますね。ちょっと鯉が多すぎて気持ち悪いですが。

DSC 3132

小田原城の案内図がありました。こうやってみると現存する堀は結構少ないです。堀がまったくない城も多いので、残っている方かもしれませんが。

DSC 3133

観光バスが停まれる駐車場の脇にトイレがありましたが、景観を壊さないように和風の作りになっています。

DSC 3134

堀を見ましたが、石垣も端の方は崩れないようにきれいに補修してありました。

DSC 3135

堀の水は汚いですが、歴史を感じる良い眺めです。

DSC 3136

遊歩道が整備されていて歩きやすくて気持ち良いです。休日を満喫している気持ちになれます。

DSC 3137

多分かなり昔からあるであろう大きな木が見えます。

DSC 3138

正面入口に回ってきました。

DSC 3140

馬出門(うまだしもん)にきました。ここは、二の丸の正面に位置する門で、馬出門、内冠木門と土塀で周囲を囲む枡形門の構造を持ちます。馬屋曲輪へ通ずることからこの名前になったと考えられています。こちらは平成21年に復元されたそうです。

DSC 3141

馬出門を抜けると内冠木門です。

DSC 3142

内冠木門を抜けると馬屋曲輪と呼ばれる広場に出ました。

DSC 3143

江戸時代末期の小田原城の絵図が展示されていました。

DSC 3144

小田原城も他の城と同じように順番に再建されていったそうです。

DSC 3146

・昭和35年(1960年)天守閣復興

・昭和46年(1971年)常盤木門復興

・平成9年 (1997年)銅門復元

・平成21年(2009年)馬出門復元

先ほどの門はまだ新しい物だったんですね。「復興」と「復元」という2つの言葉で書かれているということは、天守閣は完全になくなっていたわけではなかったってことなんでしょうか?

看板には、

「明治3年小田原城は廃城となり、売却された後次々と解体されました。城址は御用邸時代を経て地元自治体に払い下げられ現在にいたっています。また、国指定史跡に指定され、今も整備が続けられています。」

DSC 3147

と書かれていました。なんとなく、小田原城は昔からの天守閣が残っていると思っていましたが、他の城と同様に結構たいへんな目にあってきているんですね。城が売却されるってなんだか興味深い話ですが、一体誰が売って誰が買ったんでしょうか? ウィキペディアにも書いてなかったので、誰か教えてくれると助かります。

明治3年に売却されたと書いてあったので、当時お金のなかった政府が売ったのでしょうか?

馬屋曲輪の奥に大正風の古い洋風の建物が建っていました。

DSC 3148

どうやらここは、小田原市役所の経済部観光課・城跡公園担当の建物のようです。

DSC 3149

中に入ると甲冑が展示されていました。

住吉橋を渡って二の丸方面へいきます。子どもたちが楽しそうに走っていました。天気も良いので家族連れには最高の環境ですね。

DSC 3151

石垣を良くみると新しい石で補修してあったりします。

DSC 3152

こちらが銅門(あかがねもん)です。土塀で周囲を囲む枡形門の構造を持ち、名前の由来になっている銅板の装飾がとてもきれいであじがあります。風化していくにつれてだんだんと良い風合いになっていくと思うと楽しみです。こちらは、平成9年に復元されました。

DSC 3153

二の丸に入るとフリーマッケットのようなものが開かれていました。

DSC 3154

お菓子や雑貨などが売られていて楽しそうです。軽トラックを改造した屋台が結構面白くて、中には軽トラ屋台の中にナンを焼く釜を入れて、釜で焼いた焼きたてのナンを提供する屋台もありました。屋台も進化しているんですね。

DSC00304

かなり大勢の人で賑わっていました。

DSC00305

奥に進むと地元の商店街っぽい店が出店している屋台もあり、その中央でアジの干物の焼きたて無料配布がされていました。

DSC 3157

5分くらいでもらえましたが焼きたてでとても美味しかったです。小田原は海産物も有名なんですね。

DSC 3158

 

つづく…

「城めぐり「小田原城」〜その2 小田原城歴史見聞館」

by カエレバ
スポンサーリンク

関連記事

【関東の旅】子連れで吉祥寺の井の頭公園にある東京都井の頭自然文化園に行ってきた

【関東の旅】子連れで吉祥寺の井の頭公園にある東京都井の頭自然文化園に行ってきた

 子供を連れて吉祥寺にある「井の頭公園」に行ってきました。井の頭公園と...

記事を読む

【子連れ関東の旅】江戸東京博物館でやっている「大関ヶ原展」に行ってきた

【子連れ関東の旅】江戸東京博物館でやっている「大関ヶ原展」に行ってきた

 江戸東京博物館で開催されていた「大関ヶ原展」。  気になっていたので...

記事を読む

【関東の旅】日本最大規模のショッピングモールである埼玉県越谷にある「イオンレイクタウン」に行ってきた

【関東の旅】日本最大規模のショッピングモールである埼玉県越谷にある「イオンレイクタウン」に行ってきた

 近くまで来たので以前から行ってみたかったショッピングモール「イオンレ...

記事を読む

城めぐり「小田原城」〜その3 小田原城の天守閣と報徳二宮神社

城めぐり「小田原城」〜その3 小田原城の天守閣と報徳二宮神社

前回「城めぐり「小田原城」〜その2 小田原城歴史見聞館」   小田原城...

記事を読む

城めぐり「小田原城」〜その2 小田原城歴史見聞館

城めぐり「小田原城」〜その2 小田原城歴史見聞館

前回「城めぐり「小田原城」〜その1 小田原城のイベント」   休日に天...

記事を読む

新着記事

ランサーズとアフィリエイトの提携ができるASPは?

ランサーズとアフィリエイトの提携ができるASPは?

 フリーの人に人気の仕事発注、受注のマッチングサイト「ランサーズ」。 ...

記事を読む

A8のプログラムを提携解除して終了する方法

A8のプログラムを提携解除して終了する方法

 ASPと言えば「A8」というくらい有名な老舗アフィリエイトサービスプ...

記事を読む

みおふぉんでお馴染みの「IIJmio」とアフィリエイトで提携できるASPを紹介

みおふぉんでお馴染みの「IIJmio」とアフィリエイトで提携できるASPを紹介

 格安シムの中でも老舗の「IIJmio」。  最近は、楽天モバイルなど...

記事を読む

MacのCyberduckとfilezillaでロリポップに接続できなかった問題が解決した方法

MacのCyberduckとfilezillaでロリポップに接続できなかった問題が解決した方法

 ロリポップからXサーバーに引越しを検討しているので、FTPソフトを使...

記事を読む

MacでGoogle Chromeが立ち上がってすぐ終了する問題発生から解決まで。ブックマークの復元も

MacでGoogle Chromeが立ち上がってすぐ終了する問題発生から解決まで。ブックマークの復元も

 さっき普通にMacでGoogle Chromeを使っていたら「アプリ...

記事を読む

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのトラックバックは受け付けていません。

この投稿のコメント・トラックバックRSS




管理人にのみ公開されます

ランサーズとアフィリエイトの提携ができるASPは?
ランサーズとアフィリエイトの提携ができるASPは?

 フリーの人に人気の仕事発注、受注のマッチングサイト「ランサーズ」。 ...

A8のプログラムを提携解除して終了する方法
A8のプログラムを提携解除して終了する方法

 ASPと言えば「A8」というくらい有名な老舗アフィリエイトサービスプ...

みおふぉんでお馴染みの「IIJmio」とアフィリエイトで提携できるASPを紹介
みおふぉんでお馴染みの「IIJmio」とアフィリエイトで提携できるASPを紹介

 格安シムの中でも老舗の「IIJmio」。  最近は、楽天モバイルなど...

MacのCyberduckとfilezillaでロリポップに接続できなかった問題が解決した方法
MacのCyberduckとfilezillaでロリポップに接続できなかった問題が解決した方法

 ロリポップからXサーバーに引越しを検討しているので、FTPソフトを使...

MacでGoogle Chromeが立ち上がってすぐ終了する問題発生から解決まで。ブックマークの復元も
MacでGoogle Chromeが立ち上がってすぐ終了する問題発生から解決まで。ブックマークの復元も

 さっき普通にMacでGoogle Chromeを使っていたら「アプリ...

→もっと見る

PAGE TOP ↑