ちょっとしたこと

行動するためには信じることが必要

更新日:

人が通常以上の力を出すには何か信じるものがないと難しいと思います。

 

経営者なんかは成功するか失敗するかというリスクと日々向き合いながら、誰とも境遇をわかちあえないという孤独と戦わないといけません。

 

 

桜 光

 

 

経営者が信じるものは一つだけです。

 

多分それは「成功」でしょう。

 

「成功」した先の未来を信じるからこそ毎日頑張れるのだと思います。

 

人生に迷っている人は自分なりの師匠や先生、信頼できる先輩を見つけることで、その人を信じて進むこともあるでしょう。

 

人生に迷ったり、挫折したりしたひとはたまに「宗教」を信じます。宗教は人類が不安と向き合うなかで作り出したものなので、悪いものばかりではありません。

 

 

 

 

宗教の力ってすごいです。

 

以前、とある宗教の勧誘を受けたのですが、無視しても無視しても食い下がらない、自分の信じているものだけが正解と信じて疑わない姿勢が怖いです。

 

しかし、信じて他を疑わないからこそ、そのエネルギーを一点に集中できるので信じられないくらいの行動力になります。宗教によっては信仰心から人を殺すこともありますし、自殺することもあるくらいの力を発揮します。

 

人は普通そこまで何か1つのことを信じることはできないでしょう。人生に「絶対」なんてないので、常に迷い悩み行動を遅らせてしまいます。

 

何か目標を達成するためには、その先の成功を信じて信じて疑わないで行動するしかないと思います。

 

もし、今自分の行動で迷いがあれば、その先が信じられる未来なのか、そして自分と未来を信じることから始めると良いでしょう。

-ちょっとしたこと

Copyright© 清八商店 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.