読んだ雑誌の書評

日経ビジネス 2012.12.05 【ファストファッション 潜入! 高速サプライチェーンの舞台裏】読書メモ

投稿日:

日経ビジネスの読書メモです。

まずは、最近のニュース

 

・キンドル上陸、二刀流の切れ味

ついにAmazonのキンドルが日本でも発売になり、予約が開始されました。Amazonの創業者で社長のジェフ・ベゾスは日本での予約はかなり好調だと言ってます。

個人的にもキンドルはかなり気になります。ジェフ・ベゾスが言っているようにキンドルファイヤHDはiPadminiより安く、高機能だと思います。iPadminiがRetinaディスプレイであれば勝てたかもしれませんが、普通のSDディスプレイで、キンドルファイヤHDはHD画質なので、性能的にも負けています。

Amazonはキンドルの本体では殆ど利益を考えていないので、iPadがコストパフォーマンスで負けてしまうのはしょうがないでしょう。

個人的にはキンドルがどれだけのコンテンツを提供出来るかが勝負だと思います。iPadはすでに大量のアプリがあり、提供してくれるサプライヤーも大勢います。

キンドルがアプリや電子書籍のタイトルを大量に提供出来れば勝機はあるでしょう。

普通のiPadは入力(データの打ち込みやブログの更新など)と出力(ネットサーフィンや電子書籍での読書)の両方が出来ますが、iPadminiやキンドルは基本的には出力としての機能に特化した使い方になるでしょう。

画面の大きさから考えるとあれで長時間入力するのはつらいです。

と、いうことはどれだけコンテンツを楽しめるかが勝負になってきます。

 

・「中央完了支配を壊す」

石原慎太郎さんが東京都知事を辞任して新党の立ち上げを開始しましたが、少し遅い気が、、、 石原さんもう80歳です。

まあ本人はまだ気力が十分とのことですので、個人的には応援してるのでがんばってほしいですが、多分政権を取るところまではいけないのでは。

国政に影響力を与え既存の政党に危機感を持たしてくれるだけでもいい仕事をしていると思いますし、国を思う考え方は好きですので後世に残す人を育てることにも力を使ってほしいですね。

 

・ファストファッション 潜入! 高速サプライチェーンの舞台裏

バングラディシュが現在のファストファッション業界になくてはならない国になっていることを示しています。賃金の安さは中国の4分の1から3分の1、しかも縫製業界が集積しているので仕事が早いということで世界中のファストファッションの大手が進出しています。

ZARAの商品提供スピードはすごいです。お客さんがほしい服の情報を集め、3週間で商品にしてます。店舗の発注などもほとんど本社で行い在庫管理をして無駄をなくしているらしいですが、そこにはPDAを使った情報の管理の徹底をしているそうです。

ユニクロは商品をお客さんの今ほしいものではなく、今後ほしくなるだろうというものを長い開発期間を経て提供していることが他のファストファッションメーカーとは違うそうです。

確かにユニクロは最近高機能路線で、他の会社とは違いますね。個人的にはその路線は好きで、最近ウルトラライトダウンを買っちゃいました。かなり軽く、たためば小さくなるので1つ持っていると便利です。普段使いにも使えるデザイン性です。

ユニクロには今後スポーツやアウトドア衣料など高機能を生かした分野に進出してほしいですね。

スポーツ、アウトドアは高機能なものは高いですのでそこをユニクロに壊していってほしいです。

イギリスでファストファッションが流行ってからゴミが増えたと問題になったそうですが、ユニクロは作りが丈夫でしっかりしているのでそう簡単に痛んだりしないし、デザインもシンプルなので、そうそう捨てることはないです。

まあ、安いからと言って大量に買うと場所を取るので買うときに慎重になればゴミも増えないのでは。

 

・オスプレイ「究極の軍用機」は安全か

最近、話題になっているオスプレイの記事ですが、テレビでは騒がれているだけで具体的オスプレイの性能を示してくれていなかったので、勉強になりました。

読んでみると今までのヘリよりかなり性能が良いです。

航続距離は約700kmから約3900kmに、最大速度は約270kmから約520kmに、輸送兵員は12人から24人になっていて他にも飛躍的に性能が良くなっていることがわかります。

10万飛行時間あたりの事故率は以前のものより少ないそうです。

しかし、これらのデータは提供されたものだけで、日本で実際に検証した訳ではないものでしょう。

こういうのって先に一台買っていろいろと実験して使ってみてそれから買うことってできないんでしょうか?

なんか買うことありきで話が進むことが多いから問題になっている気がしますが。

ただ、垂直離着陸が出来て輸送能力が高くなれば災害時に使えるので、有効に活用してもらいたいです。

 

・日本イノベーター大賞

一度授賞式を観に行ったことがありますがいろんな名経営者を見ることが出来て面白いです。今回の大賞は東レの炭素繊維を研究している研究所でした。

こういう高機能材料ってこれからもっと必要とされていくと思うのでがんばってほしいです。東レは他にも海水の淡水化などにも必要な技術を持っていたりと競争力が強い良い起業だと思います。

イーグルバスというバス会社が優秀賞を取っていましたがここも面白いです。元々父親が始めた旅行会社で送迎バスから始めたバス事業で大手が撤退した路線バスの事業に入り成功している会社ですが、路線バスは今廃線が多く、地域の足がなくなると問題になっているけれどイーグルバスは企業努力で路線バスを黒字にしてがんばって海外進出まで検討しているそうです。

路線バス会社って儲かる時期だけ経営して儲からなくなったら辞める。そんな焼け野原みたいな業界でがんばってきたイーグルバスはすごいと思います。

「バスを動かすだけなら作業。お客様を目的地におつれするのが仕事」という言葉が最近のお気に入りだと言ってますがいい言葉ですね。

 

・「赦し」の魂を世界に

沖縄発のご当地ヒーロー琉神マブヤーを作った畠中敏也さんの話です。

最近よく話題になっているご当地ヒーローですが、この琉神マブヤー沖縄の方言を使ってしゃべるヒーローで相手の怪人も沖縄の害虫と言われているもの。しかも、戦って相手を倒すだけじゃなく、話し合いで事件を解決したりするそうです。

一度見てみたい。

 

-読んだ雑誌の書評
-,

Copyright© ネオバックパッカーのブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.