東北の旅

関東から子連れ東北の旅、3泊4日の実際に行ったスケジュール

投稿日:

IMG 7152

 先日、子供を連れて3泊4日の旅行に行ってきたのですが、東北、、、いいですね!初めて東北を旅行しましたが、景色はきれいだし、人は優しいし、食べ物は美味しいしで最高でした。

 そのときの実際の旅行日程を紹介するので、今後行く予定の方は参考にしてください。また、各リンク先にはそれぞれの旅先の情報や感想も書いているので、詳細な情報が必要な方は合わせて参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

 

◆子連れ東北旅1日目

・福島県 大内宿 
 大内宿は福島県にある古い町並みが残っている宿場町です。景色がとてもきれいで、日本の原風景を楽しむことができる場所です。  

・福島県 大内宿 「萬屋」のねぎそば
 大内宿には「高遠蕎麦」と呼ばれる、ネギを箸の代わりにして食べるそばがあるのですが、「高遠蕎麦」と名乗っているのは1軒だけで、他でも同じものを提供していましたが名前は「ねぎそば」となっています。美味しいですよ。  

・福島県 会津若松 飯盛山
 戊辰戦争で語られる一番の悲劇が白虎隊だと思いますが、その白虎隊のお墓があるのが会津若松の「飯盛山」です。

・福島県 会津若松 喜多方ラーメン「来夢」
 本来は喜多方ラーメンなので喜多方まで行って食べるのがスジだと思うのですが、ちょっと寄り道する余裕がなかったので、会津若松で食べました。最近食べたラーメンの中で一番美味しかったかもしれません。家の近くに喜多方ラーメンの店が出来て欲しい、、、

・1日目の宿泊先「ワシントンホテル会津若松」 
 「駐車場が平面でそんな高くないのに意外と豪華、何より朝食が美味しくて良いホテルでした。おすすめ。

 

◆子連れ東北旅2日目

・福島県 会津若松 鶴ケ城
 戊辰戦争では新政府軍にボコボコにされた鶴ケ城です。現在は新しく建てたものがありますが、城内の博物館では当時の激戦の様子や悲劇などが紹介されていて、読んでいると胸が痛くなってきます。

・福島県 会津若松 「鶴我」の馬刺
 会津若松は長野、熊本と並んで日本3大馬肉の産地なんだそうです。なかでもこの「鶴我」は純粋な会津若松産にこだわっている本格派のお店で、馬刺は口の中でとろける美味しさです。ランチがお得でおすすめです。 

・宮城県 仙台 仙台城跡
 今までは城跡に関して何も感じないと思っていたのですが、伊達政宗の生涯を知ってから来るとなかなか見応えがあって面白い場所でした。

・宮城県 仙台 「利休」の牛たん
 東横インでクーポンをもらってきたという理由で選んだのですが、当たりでした。牛たん定食はがっつり食べられるし、お酒とそれに合うつまみが多いので、ぜひ日本酒を飲んでいって欲しい店です。

・2日目の宿泊先「東横イン仙台駅西口中央」
 まあ、東横インなので他と同じ感じ。仙台駅に近くて場所はとても良いところです。

 

◆子連れ東北旅3日目

・宮城県 仙台 仙台市博物館
 伊達政宗と遣欧使節団に関しての貴重な展示が多く、見応えのある博物館でした。期間限定で伊達政宗の鎧なども展示するので、スケジュールをチェックしていくと良いです。

・宮城県 松島 西行戻しの松公園
 松島というと海岸沿いが観光客で賑わっていますが、景色を楽しむのであればこちらの方が上から見ることができて、素晴らしい景色を体験できます。

・宮城県 松島 円通院
 枯山水の庭がとにかくきれいでした。枯山水好きにはおすすめです。

・岩手県 一関 「ヤマト」の盛岡冷麺
 盛岡に行くのがちょっと難しいので、一関で盛岡冷麵を食べましたが、もっちりして歯ごたえのある麺とコクがあるけどさっぱりしているスープを飲めて満足でした。

・3日目の宿泊先「チサンイン岩手一関インター」
 カラフルなホテルです。ロフトがあるので子供連れで3人で行っても狭くなく快適に寝られました。他の面でも変わったところが多く面白いホテルです。

 

◆子連れ東北旅4日目(最終日)

・岩手県 長泉 中尊寺金色堂
 さすがに世界遺産になるだけあって、ものすごい迫力でした。息を呑む美しさってこのことを言うんだなって思います。朝早めに人の少ないときにゆっくり観て欲しいです。

・岩手県 長泉 毛越寺庭園
 当時はものすごい庭だったんでしょうけど、建物がほとんどないのはちょっとさみしかったです。復元をして欲しいですが、お金かかりますよね。

 

◆まとめ

 こんな感じで、東北の旅3泊4日で行ってきました。かなり歴史の史跡を巡っていますね。歴史の史跡はあまりお金がかからないですし、歴史を勉強していけば何倍も楽しめるのでおすすめです。

 子供連れなのでスケジュールはあまり詰め過ぎないようにしました。あまりスケジュールを詰めすぎてしまうとスケジュールが消化できなかったときにあせってイライラするので「行けたら行く」くらいの気持ちで調度よかったです。

 子供連れの旅は昼寝の時間や、ご飯、宿泊、荷物が多くなるなどの大変なこともありましたが、家族の良い思い出になりました。

-東北の旅
-, , , ,

Copyright© ネオバックパッカーのブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.