見た映画の感想

映画「ダイ・ハードラスト・デイ」の感想(ネタバレあり)

投稿日:

一応これってダイ・ハードの完結編なのでしょうか? ダイ・ハード4もあまり心に残っていなくてどんな作品か忘れそうなので、このダイ・ハードラスト・デイもあまり興味がなかったのですが、たまたま目についたので今回借りて観てみました。

 

スポンサーリンク

 

今回は、初の海外です。主人公のジョン・マクレーンが同僚に頼んで行方不明になっていた息子の手がかりを探すところから始まります。同僚の話によると息子はロシアで警察に捕まっていました。そして、ロシアまで息子に会いに行くジョン・マクレーン。

娘に空港まで送ってもらって「無茶しちゃだめよパパ」なんて言われますが、この人にそんなこと言っても無駄なのに…って思い、これはフリだと思って笑ってしまいました。

ロシアで息子の裁判を見に行こうとしたら事件に巻き込まれてしまい、いきなり自分から事件に首突っ込んでいってロシアで車を奪って息子を追いかけます。むちゃくちゃです。今までで一番むちゃむちゃです。

しかも、車が壊れたら道で無理やり車を停めてその車を奪って走りだして、めちゃくちゃな走り方でいろんな人の車を潰したりして迷惑かけています。

アクションは見応えあって楽しいですが、正直ちょっとむちゃくちゃすぎて笑えてきます。そんな運転をしているところに娘から電話がかかってきて「パパ無茶してないよね」という言葉が。やっぱりさっきのはフリだったんですね。

結局、息子はCIAのスパイで、ロシアの悪者から情報を引き出す取引をしていました。そして、結局は息子と二人で悪者をやっつけるという簡単な話です。なんとなく「アメリカは正義、ロシアは悪」みたいな感じのアメリカ人が大好きそうな映画でした。

ストーリーは今までで一番ひねりがなかったように思います。いつもはもう少しピンチがあると思うのですが、いつもどんなにやられても生きている最高にタフな主人公なので、絶対に死なないと思って安心して見ていられました。

今までのダイ・ハードでは娘は出てきましたが、息子の話は一切出てきていませんでした。多分、主人公のジョン・マクレーンを演じるブルース・ウィルスが年なので、息子を出して次回からは息子を主人公にして若返りをして、シリーズを続けていく作戦なのかもしれません。なんとなく、インディ・ジョーンズのクリスタル・スカルで息子が出てきた時と同じような感じがしました。しかし、インディ・ジョーンズもダイ・ハードもここまでキャラクターが定着してしまうと、次の人に引き継ぐのは結構難しいでしょう。ダイ・ハードに関してはブルース・ウィルスの運が悪そうな感じの顔には勝てないでしょうし。

ダイ・ハードはやっぱりダイ・ハード3が一番好きですね。あの時が一番運が悪かった気がします。運が悪すぎて見ていて最近は笑えてくるようになってしまいました。ブルース・ウィルスの品がない悪態が好きです。

 

by カエレバ

-見た映画の感想
-, , , ,

Copyright© ネオバックパッカーのブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.